離婚における慰謝料請求なら行政書士に相談を

慰謝料は、法律上保護されるべき利益が不当に侵害された場合に生じる、精神的な損害に対して発生する賠償金です。離婚の場合の慰謝料とは、配偶者の有害行為や配偶者から不当な理由で一方的に婚姻を破棄されたことによる精神的な損害と、配偶者としての地位を失うことによる精神的な損害に対して発生します。

離婚自体はお互いの合意の上で決まったとしても、離婚理由が相手の不倫や暴力など、相手方の一方的な非によるものであれば慰謝料請求が可能です。

■慰謝料請求に応じてもらうためには行政書士に相談を
離婚協議の中で、慰謝料を支払うことやその金額についても合意が取れているのであれば問題はありませんが、そういったケースはそれほど多くはないでしょう。被害を受けた側が慰謝料請求をするケースが多いのではないでしょうか。その場合、もちろん本人が慰謝料請求を行うことも可能ですが、それではなかなか請求に応じてもらえない可能性もあります。しかし書類作成のプロである行政書士に請求書の作成を依頼すれば、請求内容の妥当性などもチェックしてもらえますし、効果的な請求書を作成することもできます。より相手が請求に応じてくれる可能性が高まるでしょう。

離婚における慰謝料請求は、行政書士に依頼することをおすすめします。