行政書士への離婚相談の費用相場は?

行政書士に離婚相談をするとなるとどうしても費用が気になってくるものです。

行政書士に支払う費用、いわゆる報酬額は個々の行政書士が自由に設定することができるので、同じような依頼に対しても格安で請け負っている事務所もあれば、かなり高額な費用を請求される事務所もあります。そのため、まずは相場を知っておくのがいいでしょう。

■行政書士の費用相場は?
離婚問題に関して行政書士が行えることは、離婚原因が配偶者の浮気であった場合は慰謝料請求書の作成、そしてそれを内容証明として相手に送付することです。また協議離婚の際には離婚協議書を作成し、それを公正証書とすることが考えられます。

慰謝料請求書作成の場合はまずは着手金として10~15万円、無事慰謝料を受け取ることができた場合には成功報酬として受け取った額の10~15%を支払うことが多いようです。合計として30~40万円ほどが相場となります。また、内容証明を送る場合には別途1~2万円がかかります。

離婚協議書の作成は2~4万円程度が相場となります。離婚協議書を公正証書とする場合は、公証人に対して離婚協議書に規定した慰謝料や財産分与、養育費の額に応じた費用を支払う必要があります。

各種書類の作成のために事前に行政書士との面接や相談を受ける場合もあります。相談料に関しては無料としている事務所も多くあります。